うちのわんこ

三重の繁殖場からレスキューされたマルチーズの『のあ』。 レティ、めーぷる親子と新メンバー・トイプーのアン、4わんのドタバタ日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レティのはなし(4)


今回は、4回の手術を乗り越えたレティのおはなし。

我が家にきた当日、パルボを発症し2週間の闘病生活を経験したパピー期

2回の出産という大役をこなし、大きな病気もせず健康に過ごしてきたアダルト期

7歳を越し、シニア期に入ると、レティはヒート後に時々乳腺炎をおこしていました。
その度、病院で抗生剤の処方を受けていました。

07.03.13-20.jpg


また、レティは腫瘤ができやすい体質なのか、8歳頃より背の皮膚に
時々水腫ができるようになりました。

初めの頃は、できても自然に治ったりしていましたが、
だんだん治りにくく、大きくなってきてしまい獣医に手術を勧められました。

ミティの死後、かかりつけの病院を移りましたが、
手術や麻酔に対してかなりの恐怖心が残っており、決断できずにいると、

「このように大きくなると神経に触れ、かなり痛みがあると思います。
もし僕の犬ならば迷わず手術を受けます。
ご心配な気持ちはよく分かりますが、うちは今まで麻酔による事故は1度もありません。」

獣医のこの言葉を信じ、レティの手術をお願いしました。

手術は日帰りで、午前中に預け、夜間診療時にお迎えの予定。
お迎えまで6時間以上、母ちゃんは心配で病院近の近くに車を止め
携帯を握り締めて待ちました。

腫瘤の摘出手術は無事に終わり、元気なレティに再会した途端、
全身の力が抜けました。

背部分の皮膚、4×2cm程切開し縫合。
腫瘤は病理検査の結果、良性。

切開部は体幹に平行なので、今でも少し目立ちます。

07.03.13-18.jpg



レティが10歳の時には、悪性腫瘍による『両側乳腺摘出』の手術を受けました。

健康診断の際に、粟粒大の乳腺腫瘍(疑)を指摘され

「粟粒大と小さく、1つだけなのでスポットで取りますから、今回も日帰りで帰れますよ」

早期発見できたのは不幸中の幸いと自分に言い聞かせ
手術の予約をしました。

獣医からは乳腺腫瘍は進行が遅く、ゆっくりだと訊いていたのに
レティの場合は、手術予定日を待つ僅か数日間の間に、
粟粒大だった腫瘍が米粒大になり、左右の乳腺に5~6個に増えてしまいました。

慌てて受診すると、獣医の表情は険しくなり

「前回説明した手術法は変更し、両側の乳腺を摘出します。
両側の乳腺摘出をする場合、本来は2回に分けて行うのですが、
レティの負担を考えて1回で行います。同時に、子宮と卵巣も摘出しておいた方がよいでしょう」と。

母ちゃん、もう心臓が口から飛び出すんじゃないかという位の動悸。
やはり、家へは帰れず手術が終るまで車の中で連絡を待ちました。

無事に手術が終ったと連絡が来ると、安堵のあまり涙が出ますね。
麻酔から覚めたレティは、手術の侵襲が大きくかなり辛そうでした。

獣医より、リンパ節に転移が見つかり、手術は長時間にも及んだが
腫瘍は全て切除できたことなど
手術の経過内容の説明を受けました。

そして摘出した乳腺及び腫瘍を見せてもらいましたが、
こんなにも広範囲な切除をしなければいけないほどの大手術
代われるものなら代わってあげたい気持ちでした。

手術創部は左右の胸骨下から陰部までY字に切開し、両側の乳腺を全て摘出、
その後、両脇の皮膚をよせて縫合しています。

07.03.13-19.jpg


3週間後の抜糸が終って束の間、下腹部の創部跡に水泡ができそこから出血。
『縫合糸によるアレルギー』(まれにあるそうで)の為、
再手術により、中の縫合糸を抜糸。 レティ3度目の手術です。


悪性腫瘍(癌)になってしまう原因は色々ありますが、
レティの場合、ストレスや食事が原因にあったのではと考えています。

ストレスについては、乳腺腫瘍の診断を受ける数ヶ月前、
母ちゃんの父が、胃癌であることが分かり手術を受ける為入院し
検査を受けていましたが、その最中に大量の吐血。

父の癌は『スキルス』で医師も驚く程の進行の速さ。
最期の親孝行に、入院先の九州の病院へ泊り込んで看病していましたが、
癌と診断されてから僅か1ヶ月で亡くなりました。

九州へ母ちゃんが行っている間、レティとめーぷるは父ちゃんに面倒を見てもらっていましたが、
だんだん食欲がなくなって、ついには大好きなおやつさえも口にしなくなったとSOS

父の葬儀の為、2わんを連れて駆けつけた父ちゃん尻目に、
母ちゃんの顔を見るなり、2わんはごはんをぺロッと平らげてましたが、
この離れていた1ヶ月が、随分ストレスになっていたようです。

その他に食事。

それまでは、ペットショップなどで買えるドックフードをあげていました。
有名メーカーならば問題ないだろうと。

レティが、癌になった原因に食事も関係あるのではないかと考え、
大きなペットショップに相談に行き、店長に1番お勧めのフードを尋ねました。
その店長は、母ちゃんの話を真剣に聴いてくれ、

「この店の店長をしていて言うのも何ですが…
残念ながらうちには、100%安全であるお勧めのフードはありません」と言い、
フードについて「畜肉には「4D]と呼ばれる粗悪な肉、つまり「食品不適格品」があり、
4Dとは、「死んだ動物の肉(Dead)」「死にかけた動物の肉(Dying)」
「病気の動物の肉(Diseased)」「障害のある動物の肉(Disabled)」を意味すること、

畜肉副産物(動物の内臓や血液、足、鶏の羽、くちばし、
粗悪なドッグフードでは動物の排泄物、癌などの腫瘍肉などが含まれる)
鶏肉はほぼ例外なく人間用としては不合格になったものであること、

大豆ミール(大豆から油脂分や有性成分を絞り取ったほぼ完全な残りカス
で、犬の体内でいろいろな病気を引き起こす)
とうもろこし粉、米粉、小麦粉(人間が食べられない古くてカビが生えている可能性が極めて高い)

動物性脂肪(動物性脂肪は植物性脂肪に比べてはるかに酸化、
劣化しやしすく、これらの対策として保存料と酸化防止剤が多用されている)

エトキシキン(枯葉剤、ダイオキシン系の最強の発がん性物質)
脂肪の酸化防止剤として家畜飼料に広く使われていること、

同様にBHA・BHT(動物実験においていろいろな病気との関連が指摘されている)

以上のことを丁寧に説明してくれました。

家に帰って、ネットで調べてみると…
あるサイトで、犬の訓練師が『5年以上与えていると癌になるフード』
と載せていた品名の中に母ちゃんが使っていたフードが

母ちゃん、無知でした。 無知過ぎました。

「これはいかんっ!!」

それからフードについて色々勉強し、手作りにも挑戦していましたが
蛋白質を30%に、カルシウム対リンが1:1から2:1の比率で
とか結構大変だったので、ずぼらな母ちゃんは僅か2ヶ月で断念。

それからは、フードについて教えてくれた店長が愛犬に食べさせているという
『ビックウッド』を使い始めました。
(コレ、ヒトは食べてはいけませんの表示がないのです。
たまにポリポリと味見したりしてます。おいしくないけどね

その後は、心配している癌の再発も(現在は)ありませんが、
去年10月、またレティの頸部付近に腫瘤が。

獣医の、「血管を引き込んでいる(悪性の可能性が疑われる)から
切除したほうがいい」との判断で、4度目の手術。
術中、口腔内にも小さな腫瘍がみつかり同時に摘出。

横に3cm程切開。今回は毛で隠れて分かりにくい位置。

07.03.20-1.jpg


病理の結果、良性の腫瘍と分かり命拾いしました。


「手術ばっかり、もうかんべんしてよね!」
07.03.20-2.jpg


「ほんまや!レティママが可哀想やんか」
07.03.13-22.jpg


「母ちゃん、おわびにおやつちょうだいや~!」
07.03.20-3.jpg


毎日、腫瘤ができていないか隈なくチェックするのが習慣になってしまった母ちゃんですが、
わん達は今日も平和に過ごしています

のあさんは、いつものごとく母ちゃんから離れません。

07.03.20-4.jpg


07.03.20-5.jpg


最近はいつもレティの背中に顎をのせておやすみしています

07.03.20-6.jpg


07.03.20-7.jpg


レティさん、まだまだ長生きしてくれよっ  by母ちゃん
スポンサーサイト

Comment

 

のあちゃんが、レティ母さんのそばでいつも寄り添うようにしているのが、いつも印象に残っています。
のあちゃんが何歳かはわかりませんが、今やっとお母さんに甘えられるようになった、という風に見えます。レティ母さんもそれをがっぷり受け取ってるのかなぁ。

ドッグフード!私もずっと気にしていたことです。
今のところ、リクにアトピー等の症状は見られません。
でも、手作りご飯はやっぱりずぼらな私にはたぶん無理。
友達には「手作りにするなら、栄養の勉強せなあかん」と言われ、それも自信がない。
更に、「今のフードは悪ないけど、№2くらいやな。アトピーが出ずにすんで一生フードなら、最高級のフードを選ばな!」
最高級のフードって?とにかく1年は今のフードで様子見のつもりでした。
今、ニュートロ社の正規品ってやつをあげてますが、「ビッグウッド」ですか・・・。時々keiさんの記事にも書いておられましたよね。
一度、検索してみます!
  • posted by リクまま 
  • URL 
  • 2007.03/20 21:09分 
  • [Edit]

 

★リクまま様

現在のかかりつけ獣医に、のあがとても甘えん坊になった
と話すと、「もともとの性格がそうであったのでしょう」と。

そう言われ考えると、今まで甘えたいのに甘えられない生活が
いったい何年続いていたのでしょうか。

リクまま様の言われるとおり、
今やっとお母さんに甘えられるようになったのでしょう。
レティも、のあさんのそんな気持ちがわかるのでしょうかi-179

ドッグフードねぇ…(ため息)
母ちゃんにとって、永遠の課題なのです。

以前の記事で、フードのローテを始めたと書きましたが、
犬ごはん(吉岡製)は、馬肉ベースにコンドロイチン
グルコサミン配合で、パテラ持ちの2わんに良いかな
と思ってローテに加えたのですが、問題が…
3わんとも、軟便になるのですi-202
(他のフードを混ぜてもダメでした)

ワンフーは、便の状態は良いのですが
かなり量を増加しても、レティとのあが痩せてくるのですよ
あげ過ぎると嘔吐するしi-240

で、またビッグウッドのみに戻しました。
ビッグウッドにこだわっている訳ではないのですが
原材料の仕入先まで明確にしているのが
ここくらいしかないのですよi-203

最高級のフード…

私も早く巡り合いたいです。
リクまま様、よい情報がありましたらまた教えて下さいi-201
  • posted by kei 
  • URL 
  • 2007.03/20 23:29分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

kei

Author:kei
大阪在住

☆レティ♀マルチーズ
1994年12月14日生まれ。
めーぷるのママ
子犬の時から病弱でアレルギー持ち。
我が家のエンゲル係数は医療費が大半!?
性格は超クール!!

☆めーぷる♀マルチーズ
1997年4月15日生まれ。
レティの娘
天真爛漫な性格で天然入ってます。
体格は1番小さいですが態度はデカイ!!

☆のあ♀マルチーズ
年齢不詳。9月18日生まれ。
(三重の繁殖場からワンライフさんにレスキューされ我が家に来た日を誕生日にしました)
シャイで温厚な性格ですが、食べ物を前にすると豹変する!?

☆アン♀トイプードル
2009年9月20日生まれ
マル軍団の中、なぜかトイプー1わん紛れこむ。
弾ける天然娘。
婆や達の中でスクスク成長中!!

最近の記事+コメント

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。